河井寛次郎(かわい かんじろう)

  • 陶器の作家
  • 茶道具の作家

1890年 – 1966年
1890年 島根県安来町の大工の家で誕生

1910年 東京高等工業学校 窯業科へ入学。板谷波山の指導を受ける

1914年 同行卒業後、京都陶磁器試験所に勤務し研究。浜田庄司と釉薬の研究をする。

1920年 五代:清水六兵衛の窯を譲り受け「鐘渓窯」とする。作陶を開始。中国や朝鮮の古陶磁をヒントに斬新な作風を示した。

1926年 柳宗悦・浜田庄司とともに日本民芸美術館設立趣意書を発表。無名職人による「民藝運動」に深く関わる
1929年 高島屋の個展では、日本や朝鮮やイギリスの器から受けた影響をもとに古典から日用の器へと路線を変更した。この時期以降、寛次郎は作家としての銘を作品に入れないようになる

1937年 故郷の民家の形をもとに、登り窯の形に対応するかのような構造をした新しい自宅兼仕事場を自らの設計により建築(現在の記念館)「鉄辰砂草花図壷」がパリ万国博覧会でグランプリを受賞する。

1966年 76歳 没
鑑定家:河井寛次郎記念館  075(561)3585

〒605-0875 京都市東山区五条坂鐘鋳町569

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定