北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)

  • 日本画・古書画の作家
  • 陶器の作家
  • 茶道具の作家
  • 工芸品の作家

号:福田海砂・福田可逸・福田鴨亭・福田大観・北大路魯卿

1883年 - 1959年

篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家など
1883年(明治16年)京都市上賀茂北大路町で上賀茂神社の社家の次男として誕生。(本名:房次郎)生後すぐ養子に出され転々とする

1889年(明治22年) 木版職人の福田家の養子となり姓を名乗る。幼いながらも福田家の炊事を自らやり味覚と料理の基本を学んでいく

1893年(明治26年) 丁稚奉公に出された京都にて「竹内栖鳳」の一筆書きの行灯看板に出会う

1896年(明治29年) 養父の木版の手伝いをし扁額や篆刻の基本を学ぶ。その間、一字書の書道コンクールに応募を続けて次々と受賞し賞金で絵筆を買い画家を志す

1903年(明治36年) 実母の居場所が分かり上京。書家への道を志す。

1904年(明治37年)美術展覧会に出品「千字文」褒状一等二席を受賞

1905年(明治38年)書家:岡本可亭の内弟子となり「号:福田可逸」と称した。

1907年(明治40年)独立し「号:福田鴨亭」と称す

1912年(大正1年)河路豊吉から書や篆刻の制作に打ち込む環境を提供され「号:福田大観」と称した。

1916年(大正5年) 北大路姓を継いで北大路魯卿と名乗り「号:北大路魯山人」と称する。

1917年(大正6年) 古美術店「大雅堂」を共同経営

1921年(大正10年)「美食倶楽部」を開設

1925年(大正14年)東京・永田町「星岡茶寮」会員制高級料亭を開業。料理に使用する食器を自ら創作する。

1927年(昭和 2年)魯山人窯芸研究所「星岡窯」開窯し本格的な作陶を始める

1955年(昭和30年)「織部焼」重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるもが辞退。

1959年(昭和34年)76歳 没
鑑定家:黒田陶々庵 03(3571)3223 〒104-0061東京都中央区銀座7?8?6 黒田陶苑内

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、東京、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関東、関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品、美術品ある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定