清水六兵衛(きよみず ろくべえ)

  • 陶器の作家
  • 茶道具の作家

江戸時代中期以来の清水焼陶工の名跡
土焼き風の抹茶器や大型の焼き物が特徴

————————————————————————–

(初代)

1738年-1799年

号:愚斎

摂津国生まれ。(本名:古藤栗太郎)

1771年 五条坂建仁寺町に清水焼の窯を開く。京都五条坂の陶工海老屋清兵衛に師事ぢ陶法を学び、同所で開窯。清水六兵衛を名乗る

————————————————————————–

(二代)

1790年-1860年

号:静斎白

磁器を焼く

1790年 初代:六兵衛の子に生まれる。(幼名:正次郎)

1811年 再興し「二代:清水六兵衛」を襲名

1838年 隠居し、「六一」と名乗る

————————————————————————–

(三代)

1822年-1883年

号:祥雲

1822年 二代:六兵衛の次男として生れる。(幼名:栗太郎)南画家小田海僊に絵を学び、陶法は父に学ぶ

1838年 「三代:清水六兵衛」を襲名

1848年 大仏芳野町の丸屋嘉兵衛の開窯。明治〜平成に及ぶ清水家の基礎「六兵衛様式」を完成させる

1883年 62歳 没。

————————————————————————–

(四代)

1848年-1920年

号:六居・祥鱗

1848年 三代:六兵衛の長男として生れる。(幼名:正次郎)塩川文麟に画を学び(号:祥麟とする)

1883年 「四代:清水六兵衛」を襲名。伊賀・信楽・色絵・楽焼などを手がけ、蟹の造形など彫塑的な作品にも優れた。

1920年 73歳 没。

————————————————————————–

(五代)

1875年-1959年

清水六和(号:祥嶺)

1875年 四代:六兵衛の長男として生れる。(幼名:栗太郎)

1887年 幸野楳嶺に師事し絵を学ぶ。京都府立画学校修了後、祖父や父に陶法を学ぶ。

1903年 京都市立陶磁器試験場で科学的釉薬や製陶法を研究

1913年 「五代:六兵衛」を襲名

1928年 緑綬褒章受章。清水「しみず」から「きよみず」と

1945年 「六和」と改名

1959年 84歳 没。勲三等瑞宝章受賞

————————————————————————–

(六代)

1901年-1980年

号:禄晴

1901年 五代:六兵衛の長男として生れる。(幼名:正太郎)

1920年 京都市立美術工芸学校絵画科卒業。

1923年 京都市立絵画専門学校卒業。

1925年 父に師事し、作陶を学ぶ

1945年 「六代:六兵衛」を襲名

1972年 勲三等旭日中綬章受章

1976年 文化功労者。釉薬や発色を研究し創造的な新技法・意匠を創出。代々六兵衛中、傑出した力量を評価される。

1980年 78歳 没

————————————————————————–

(七代)

1922年-2006年

清水九兵衛(旧姓:塚本)

1922年 愛知県に生まれる。(本名:広)

1951年 六代:清水六兵衛の長女と結婚。(婿養子となる)

1958年 東京芸術大学専攻科入学、彫刻家千野茂に師事

1968年 「清水九兵衛」の名で彫刻作品を発表(代表作「a ffinity」)

1981年 「七代:清水六兵衛」を襲名

1995年 京都府特別文化功労賞受賞

2006年 84歳 没

————————————————————————–

(八代)

1945年-

1945年 七代:六兵衛の長男として生れる。(本名:柾博)

1979年 早稲田大学理工学部建築学科卒業後、京都府立陶工職業訓練校で轆轤・京都市工業試験場で釉薬を学ぶ。

2000年 「八代:清水六兵衛」を襲名

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定