中里太郎右衛門(なかざと たろうえもん)

  • 陶器の作家
  • 茶道具の作家

江戸初期に作陶を始めた中里家初代「中里又七」唐津焼の陶工の家系名。

1734年唐人町へ御用窯を移し、幕末まで代々将軍家・高家への献上品のみを焼いた。

唐津焼きを作りつづけ、唐津藩御茶碗師頭取として活躍。

——————————————————————————
中里家初代: 又七 伊万里市大川町に田代窯を開窯

同市同町川原に移り、岸岳直系の唐津を作る

椎の峯窯へ移り、寺澤氏の御用窯となる

(四代) 1699年  御用陶工だった息子喜平次と四代:大島弥次兵衛と共に
唐津へ招かれ西の浜坊主町「御茶?窯」を創めた

1734年  唐人町へ窯を移し、幕末まで代々将軍家・高家への献上品のみを焼いた。
(十二代)1927年  十一代の次男:重雄が「十二代:太郎右衛門」を襲名。

—————————————————————————————–

(十二代:太郎衛門)

中里無庵 なかざと むあん

1895年 – 1985年

人間国宝:唐津

1895年 佐賀県の(11代:中里太郎右衛門)中里天祐の次男として生まれる。(本名:重雄)

1914年 佐賀県立有田工業高校別科製陶科を卒業後、窯業に携わる。

1927年 十二代中里太郎右衛門を襲名

1929年 古唐津古窯跡を調査・研究、復興に人力。叩き技法などの独自の作風を生み出す

1966年 紫綬褒章受章。

1969年 京都大徳寺にて得度、号:無庵を受ける。十三代中里太郎右衛門に家督を譲る。勲四等瑞宝章を受章

1976年 「唐津焼」で重要無形文化財保持者保持者(人間国宝)に認定。

1985年 (90歳 没)
———————————————————————–

(十三代:太郎衛門)

中里逢庵 なかざと ほうあん

1923年 – 2009年

1923年 佐賀県唐津町で父「十二代:中里太郎右衛門」の長男として生れる。(本名:忠夫)

1943年 東京高等工芸学校工芸図案科卒業

1946年 陶芸家の加藤土師萌を師事し作陶の基本を学ぶ

1969年 「十三代:中里太郎右衛門」襲名。父の古唐津再現の意志を継ぎ、叩き・三島・鉄絵の技法を習得

1992年 佐賀県重要無形文化財認定

1995年 唐津市政功労賞受賞

2002年 長男・忠寛に家督を譲り、「号:逢庵」と称した。

2008年 旭日中綬章

2009年 85歳 没。

———————————————————————–
(十四代:太郎衛門)

1958年 -

1958年 「十三:代太郎右衛門」の長男に生まれる。(本名:忠寛)

1979年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

1981年 同大学院修了

1983年 太郎右衛門陶房にて作陶を始める

2002年 「十四代:中里太郎右衛門」を襲名。中国の技法を用いた「掻落し」の作品などを制作

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定