坂倉新兵衛(さかくら しんべい)

  • 陶器の作家
  • 茶道具の作家

1604年-
山口県の萩焼窯元「坂倉家」の当主が代々襲名され現代まで受け継がれている。

1604年 藩主毛利輝元の命によって招致された朝鮮李朝陶工「李勺光」「李敬」の兄弟が城下で御用窯を築き、「李勺光」が初代:坂倉新兵衛となる。十二代:坂倉新兵衛が萩焼を全国に広め不振衰退から救った。

————————————————————————-

(十二代)

1881年 – 1960年

1881年 山口県 十一代:新兵衛の長男として生まれる。(本名:平吉)

1897年 十二代:坂倉新兵衛を襲名。

1898年 萩焼宗家 九代:坂高麗左衛門に師事し、萩焼を学ぶ

1899年 萩漢学塾に学び、吉田松陰の兄・杉民治に茶道の手解きを受ける

1905年 山口県長門市深川湯本に築窯

1919年 茶陶の技術を高める為、表千家十二代:惺斎宗左に師事

1943年 萩焼の工芸技術保存資格者に指定

1948年 表千家十三代:即中斎宗左に師事。

1956年 山口県指定無形文化財に認定

1960年 80歳 没。

————————————————————————————

(十三代)

__年 – 1945年(本名:光太郎)

1945年 戦死の為、十三代:坂倉新兵衛を追贈

————————————————————————————

(十四代)

号:宗治

1917年 − 1975年

1917年 十二代:坂倉新兵衛の三男として生れる。(本名:治平)

1934年 山口県立萩商業学校卒業

1946年 父 十二代:新兵衛に学ぶ

1960年 「十四代:坂倉新兵衛」を襲名

1972年 山口県指定無形文化財に認定

1975年 58歳 没。
————————————————————————————

(十五代)

1949年 -

1949年 長門市「十四代:新兵衛」の長男として生まれる

1972年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業

1974年 同大学院陶芸専攻修了。父 十四代:新兵衛に師事

1978年 「十五:代坂倉新兵衛」を襲名

1989年 山口県芸術文化振興奨励賞

2004年 山口県選奨受賞
 

十五代

坂倉新兵衛
1949年 山口県長門市生まれ
「象嵌(ぞうがん)技法」(素地がまだ乾かないうちに文様を施し、異なった色の土を塗ってさっと削り取れば窪みにその土が残る。文様に異なった土を埋め込んだ見せ方)という加飾技法を取り入れ、萩の素朴な土味を生かした独自の作品を作り出した。
1974年 東京芸術大学美術学部彫刻科を卒業後その後、藤本能道、田村耕一に師事し修業。
1978年 十五代坂倉新兵衛を襲名
所在地
〒759-4103 山口県長門市深川湯本1487
電 話 0837-25-3626

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定