高橋道八(たかはし どうはち)

  • 陶器の作家

(初代)

字:周平・名:光重

号:松風亭空中

1740年 – 1804年

1740年 伊勢亀山石川藩の武家に生まれる

1751年 京都で陶技を習う。後に粟田に開窯「松風亭」と号した。

1804年 没

—————————————————————————————-

(二代)

通称:仁阿弥道八

号:法螺山人・華中亭

1783年 – 1855年

1783年 「初代:道八」の次男として生れる。(本名:光時)

奥田穎川の門下となり陶技を磨き、青木木米・永楽保全とで「幕末京焼の三名工」と言われた。

1855年 72歳 没

—————————————————————————————-

(三代)

号:華中亭・道翁

1811年 – 1879年

1811年 「二代:道八」の長男として生れる。(幼名:道三)(名:光英)

1842年 「三代:道八」を襲名

1850年 高松藩に招かれ讃岐窯を開窯

1879年 69歳 没

—————————————————————————————-

(四代)

名:光頼

号:華中亭

1845年 – 1897年

1845年 「三代:道八」の息子

1874年 「四代:道八」襲名

1897年 53歳 没

—————————————————————————————-

(五代)

1869年 – 1914年

1869年 滋賀県甲賀郡で生れる。(本名:小川勇之助)

四代子息幼少のため、一時的に名跡を嗣ぐ

1914年 没

—————————————————————————————-
(六代) (号:華中亭)

1881年 – 1941年

1881年 「四代:道八」の次男として生れる。(本名:英光)

先代や四代の陶法をつぎ、染付煎茶器で名声を獲得

1941年 没

—————————————————————————————-

(七代)

本名:光一

1910年 – 1983年
—————————————————————————————-

(八代)

1938年 – 2011年

1938年 京都市「七代:道八」の長男として生れる

京都市立日吉ヶ丘高等学校美術科卒業

京都府訓練校にて轆轤成形・京都市工業試験場にて釉薬を学ぶ。父・「七代:道八」に師事

1983年 「八代:高橋道八」を襲名

2011年 73歳 没

—————————————————————————————-

(九代)

1973年 –

1973年 「八代:道八」の次女として生れる

京都文教短期大学服飾意匠学科デザイン専攻卒

京都府立陶工高等技術専門校成形科・研究科卒

京都工業試験場 本科卒

父・八代道八に師事。

2012年 「九代:高橋道八」を襲名。

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定