こたろうブログ

茶掛

茶掛け(墨蹟)と呼ばれる掛軸がありますが、けっこう勘違いをされている方がいます。
丈の短い掛軸ですとか書道の先生などが書かれたものなどでも「茶掛け」と呼ぶ方がいらっしゃいます。例外もないわけではありませんが、一般には宗匠、禅僧、茶人の書画などを茶掛けと呼びます。それに掛軸の仕立て方に特徴があり、本紙の左右の裂地(柱)の部分が通常6センチメートルほどの幅で仕立てられているのに対し、茶掛けは1.5センチメートル以下で仕立てられています。今一度、ご自宅にある掛軸を確認してみてはいかがでしょうか。ひょっとしたら名刹の高僧の掛軸が眠っているかもしれませんよ。
茶掛け買取のことなら渋谷区の骨董品買取こたろうまで!
皆さまからのお問合せを心よりお待ちしております!

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、東京、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関東、関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品、美術品ある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定