陶器・磁器

陶器

十二代酒井田柿右衛門

買取エリア

東京都中野区

インターネットよりこたろうをお選びくださり、お父様のご遺品の整理についてご相談をいただきました。
ご遺族である程度の形見分けをされた後、一部の作品のご売却をご依頼いただき、出張査定でご満足いただけるご提示でお買い取りさせていただきました。

査定のポイント

あらかじめ電話で内容は伺っていましたがそのうちの一つの柿右衛門の作品は代表的な色絵磁器ではなく、瑠璃釉による繊細な蜂の香合でとても希少な作品であることから高値でのご提示にてお買取させていただきました。

●十二代酒井田柿右衛門
1878年 (明治10年) 生誕
1922年(大正11年)尋常小学校国語読本巻10に「陶工柿右衛門」掲載される
1953年(昭和28年)十二代柿右衛門、渋雄(十三代)親子によって濁手素地の復元に成功する
1955年(昭和30年)「第2回日本伝統工芸展」にて日本工芸会賞を受賞 無形文化財(旧制度)の指定を受ける
1957年(昭和32年)「第4回日本伝統工芸展」にて文化財保護委員会委員長賞を受賞
1958年(昭和33年)「ブリッシュセル万国博覧会」グランプリ受賞
1962年(昭和37年)勲4等瑞宝章受章
1963年(昭和38年)死去 

鑑定士より一言

こたろうでは出張査定のご希望の場合はあらかじめお品物の内容をお聞きしています。特に品数が多い場合は査定の時間もかかってしまうため人数を増員して対応したりします。
すべての作品の状態などを隅々までチェックし、お客様にご満足いただけるようなご提示を心がけています。
どうぞ皆さまからのお問い合わせ、ご相談をお待ちしております。

陶器に関連する買取実績

買取実績一覧へ戻る