工芸品

骨製麻雀牌 

不明

買取エリア

岐阜県岐阜市

    ご実家の整理をされていて、残されていた中国の焼物や麻雀牌などの査定を希望されるということで、
    当社ホームページをご覧いただき、出張査定のお問い合わせをお電話で頂きました。
    スケジュールに都合が付き、その日のうちに査定に伺いしました。

    査定のポイント

    お訪ねして、査定ご希望のお品物を見させていただきましたが、きれいな箱が付いてた麻雀牌のセットが有り、
    とても状態の良いお品物でしたので、ご納得いただける査定金額にてお譲りいただきました。
    その他、中国製工芸品の花瓶がありましたが、こちらにつきましてはキズが大きいため、買取できないお品物でした。

    鑑定士より一言

    麻雀牌に使われる材質というとねり牌といわれる樹脂製のものが殆どです。
    しかし、古い年代に作られた麻雀牌は象牙、動物の角・骨など、希少価値の高い材質で作られているものがあります。
    背の部分については、昭和後期頃までは竹が主流でしたが竹牌は欠けやすく、背までを樹脂で成型した牌が多く普及しました。
    現在では、背の竹部分を作る職人が育たなくなり、国内での竹牌の生産は行われていませんので、希少価値があるものといわれています。
    この度はありがとうございました。

    骨製麻雀牌 に関連する買取実績

    買取実績一覧へ戻る