日本画・掛軸

日本画/版画

松尾敏男

買取エリア

東京都台東区

    こたろうホームページよりLINEで絵画のお問い合わせをくださり、後日出張査定で実物を拝見し、お買い取りさせていただきました。
    絵画も陶器など他の作品と同様に作品の状態をしっかりと調べる必要があり、目立った傷や絵の具の剥落など細かくチェックをし、問題のない作品かを実物を見て判断させていただきました。

    査定のポイント

    このたびご依頼いただいた絵画は日本画の松尾敏男の作品で悠々と泳ぐ鯉の図柄で涼しげな夏向きの作品であることから、すぐに引き合いが望めるため、高い評価査定での提示でお譲りいただきました。
    ●松尾敏男
    1926年 長崎県長崎市に生まれ
    1933年 日本画家の堅山南風に師事
    1949年 再興第34回日本美術院展覧会(院展)で『埴輪』が初入選。
    1954年 加山又造,関主税,濱田台児らと不同社を結成。
    1962年 院展で受賞
    1970年 『樹海』で日本美術院賞(大観賞)を受ける
    1971年 日本美術院同人となる。
    1972年 『海峡』で芸術選奨新人賞
    1979年 『サルナート想』で日本芸術院賞を受賞。
    1987年 多摩美術大学教授
    1999年 同大学名誉教授
    1994年 日本芸術院会員
    1998年 勲三等瑞宝章受章
    2000年 文化功労者
    2009年 日本美術院理事長
    2012年 文化勲章受章
    2016年 死去

    鑑定士より一言

    松尾敏男は近代の日本画家で絵画の世界では最高の賞である文化勲章までとられた巨匠であり、とくに牡丹の花を描いた作品は傑作品として今なお高値で取り引きされています。
    絵画の売却のご相談はぜひこたろうまでお願い致します

    日本画/版画に関連する買取実績

    買取実績一覧へ戻る