洋画

洋画/パステル画

村上肥出夫 

買取エリア

岐阜県大垣市

    当社ホームページをご覧いただき、ラインからの査定のご依頼で
    画像を送付いただききました。
    画像からの査定金額を提示した後、出張査定のご希望で、後日お伺いしました。

    査定のポイント

    今回、出張査定をさせていただいた絵画ですが、岐阜県出身で独学で画家を目指した村上肥出夫の作品です。昔お母様が直接作者本人から購入したと聞いていたようです。
    額や表具部分はシミ、ヤケなどがありますが、本紙部分が保存状態良く高価にて
    買取させていただきました。

    ●村上肥出夫
    昭和7(1933) 岐阜県土岐市に生まれる。
    幼少期からゴッホに憧れ、独学で油絵を始める。
    昭和28年(1953)、 画家を志して上京、日雇い労働や荒川の鉄橋下で
    寝起きするような生活のなかで油絵を描く。
    昭和36年(1961)、彫刻家本郷新の紹介により、兜屋画廊西川武郎の知遇と援助を得て、制作に没頭。
    昭和38年(1963)、銀座松坂屋にて新作150点による大個展開催。
    以後主に兜屋画廊での個展を続け、川端康成から「心力と勇気を私に伝える絵」と絶賛される。
    平成9年(1997)、岐阜の自宅アトリエが全焼。
    平成30(2018)、精神疾患の療養中に逝去

    鑑定士より一言

    今回査定させていただいた作品は、岐阜県在住の画家の作品です。
    そうした地元画家の作品を入手されるお客様も多いと思います。
    全国的に作品が流通している画家の作品かもしれませんので
    気になる作品がありましたら、LINEにてお写真をお送りいただければ
    当社にてお調べすることが可能かもしれません。
    この度は、こたろうご利用いただき、ありがとうございました。

    洋画/パステル画に関連する買取実績

    買取実績一覧へ戻る