北出不二雄(きたで ふじお)

作品カテゴリー

  • 陶器・磁器

    北出不二雄(きたで ふじお)の生涯・功績

    北出不二雄は昭和時代の陶工です。
    北出不二雄は色絵磁器と青釉作品で有名な陶工です。
    名工・北出塔次郎の養子となり師事を受け、
    自身は金沢美術工芸大学で後進の師指導をしました。
    また九谷焼有田焼説に異を唱え、数々の物証と陶工としての知見をもとに反証を展開しました。
     
    【年譜】
    1919年 石川県で生まれる。(本名:藤雄)
    1950年 金沢美術工芸専門学校陶磁器科卒業
    1965年 第8回改日展「青釉彫文鉢」特選・北斗賞受賞
    1984年 加賀市文化功労賞受賞
    1987年 第19回改組日展「青釉 石窟佛」内閣総理大臣賞受賞
    1996年 勲四等旭日小綬受賞
    2014年 没

    北出不二雄(きたで ふじお)の代表作

    • 「青釉彫文鉢」 昭和40年 第8回改日展 特選・北斗賞受賞

    北出不二雄(きたで ふじお)の作品の魅力

    【鑑賞のポイント】
    陶芸作品は造形と釉薬・絵付などの焼成技術が陶工の腕の見せ所となります。
    北出不二雄は伝統的な九谷焼の色絵作品を制作するとともに、
    新しい九谷焼の展開を求めて、青釉を使用した作品で見るものを惹きつけます。

    陶芸作品の査定・ご売却ならこたろうにお任せください。
    陶芸作品に精通したスタッフが拝見し、適切な価格を提示させていただきます。
    もちろん他社に負けない高価買取でご納得のご売却をいただけます。
    まずは、ご相談のご連絡を心よりお待ちしております。

    北出不二雄(きたで ふじお)に関連する買取実績

    買取実績一覧はこちら

    北出不二雄(きたで ふじお)に関連する作家

    取扱い作家一覧へ戻る