「中国美術」の買取

中国美術

「中国美術」とは、中国でつくられた美術品のことをいいます。中国美術とひとことにいっても、山水画、人物画、花鳥画をはじめとする絵画をはじめ、書画、中国陶磁器、漆器、青銅器、壷など多岐にわたります。
中国は、美術品の誕生も古く、殷(いん)の時代に、祭祀に使われた動物を描いた青銅器からはじまったとされています。唐の時代に入ると、様々な文化人が活躍するようになります。詩では、李白・王維・杜甫、絵画では、呉道玄、盛唐の王維、李思訓などがこの時代に活躍しました。また、貴族文化の衰えと同時に、陶磁器は青磁や白磁が主流になりました。元、明、清 の時代に入ると、周辺国の影響を受け、美術、芸術にも大きな変化が見られました。絵画では、南宗画が中国絵画の主流になり、陶芸では、景徳鎮など、優れた陶磁器がつくられました。万暦窯で焼かれた「万暦赤絵」や、宣徳年間の「染付」は世界のコレクターの人気を集めています。中華民国が成立後の近代では、世界各国の美術の技術を取り入れた美術品がつくられるようになります。徐悲鴻、張大千、斉璜(白石)、呉昌碩をはじめとする作家が活躍しました。
西洋美術と同様に、中国美術も時代の変化とともに美術様式が多きく変化し、今もなお変化し続けています。

買取作家一覧

買取実績

全国無料で出張いたします!

日本地図

北は北海道、南は沖縄まで、大阪より無料で出張買取にお伺いいたします!関西圏の場合、予約状況によっては即日対応も可能ですので、ご自宅に売りたい骨董品がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

対応エリアは日本全国!

北海道/ 青森/ 岩手/ 宮城/ 秋田/ 山形/ 福島/ 山梨/ 長野/ 新潟/ 富山/ 石川/福井/ 東京/ 神奈川/ 千葉/ 埼玉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 静岡/ 愛知/ 岐阜/ 三重/大阪/ 兵庫/ 京都/ 滋賀/ 奈良/ 和歌山/ 岡山/ 広島/ 鳥取/ 島根/ 山口/ 香川/徳島/ 愛媛/ 高知/ 福岡/ 佐賀/ 長崎/ 熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-922-157

無料メール査定