日本画・掛軸

日本画/絵画 陶器

玉井徳太郎

買取エリア

東京都世田谷区

    長年飾ることのない絵画や陶器などの美術品を整理も兼ねてご処分を検討されていてこのたびインターネットよりこたろうをお選びくださり電話にてご来店のご予約をいただき、後日こたろう東京店へお持ち込みくださり、すべての作品をお譲りいただきました。

    査定のポイント

    絵画は挿絵画家として有名な玉井徳太郎の作品で、こちらは作品の状態も良好な事から高額の査定結果となりました。

    玉井徳太郎
    明治35年 広島県広島市に生まれる
    大正14年 川端画学校で学び首席で卒業
    昭和61年 殁

    「少年猿飛佐助」や川端康成「万葉姉妹」などの挿絵や絵本を描く。
    川端康成や山岡荘八、瀬戸内寂聴らの肖像画などを描いたことで知られている。


    陶器などは主に「窯もの」と呼ばれている作者本人がすべての工程を手掛けた作品ではなく、職人がそれぞれ分業により完成させた作品となり、美術的評価の薄い引き出物や贈答品として流通している品で高い評価には至りませんでした

    鑑定士より一言

    美人画の巨匠として上村松園、鏑木清方、伊東深水、竹久夢二などは特に有名ですが玉井徳太郎は進んだ道が少々異なり挿絵や絵本などを主なお披露目の場として歩んでいった作者です。
    一般的に美術商の間では挿絵などで活躍された作者の作品は評価が高くない傾向にありますが玉井徳太郎作品は完成度の高い作品が多いことから人気が高く、高値で取り引きされています。
    売るための絵を描く画家が多いなかで「売り絵」としての作品は極めて少ない作家という事で美術商の間ではオークションなどで作品が出てくるとしばしば取り合いとなり、結果として高値で落ち着いて取り引きされています。
    こたろうでは作品ひとつひとつを丁寧に解説を添えてお客さまへお伝えし、ご納得いただいた上でお取り引きさせていただいております。
    どうぞお気軽にどのようなことでもご相談ください。

    日本画/絵画 陶器に関連する買取実績

    買取実績一覧へ戻る